ライブリーケア中銀熱海

ケアプランを作成する人を『ケアマネージャー』
と言います。

ケアマネージャーはご利用者様の状態やご家族の要望をお伺いし、介護に関するあらゆるご相談に応じ、サービス計画書(ケアプラン)をはじめ、サービスを行う事業所の選定、ケアプランの変更が起きた場合の調整を行ったり、毎月のケアプランの見直しを行うことで最適なサービス計画を提案します。当事務所はご本人の希望を第一にいつまでも自分らしく、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援いたします。

  • ケアマネージャー
  • ケアプランとは
  • 介護保険のお手続き
ケアプランとは

お客様が適切な介護サービスを利用できるよう、また介護をされるご家族にとっても安心した暮らしが送れるよう、どのような介護サービスをいつ、どのくらい利用するのが良いか、お客様にとって最適・最善のケアプランを作成することです。お客様お一人お一人の心身の状態にあわせ、またお客様ご本人とご家族の要望を踏まえて作成します。

※ケアプラン作成サービスは全額介護保険負担となりますので、お客様のご負担はありません。
介護保険料を納めていない方は全額自己負担となりますのでご了承ください。

   介護保険利用の手続きがお済みでない方は、まず申請を済ませる必要があります。

各市区町村に要介護認定の申請をします。申請方法は市町村の介護保険担当課、またはお近くの地域包括支援センターまでお問合せ下さい。また、居宅介護支援事務所で申請を代行する事もできます。介護保険サービスは申請日から受けることができます。
※非該当となった場合は、利用したサービスの費用が全額自己負担となりますのでご注意下さい。

市区町村の職員や委託された認定調査員が訪問して、心身の状態などを調査します。
「主治医意見書」は市区町村が主治医に依頼します。

調査結果及び主治医意見書の一部の項目はコンピューターに入力され、全国一律の判定方法で要介護の判定が行われます。(一次判定)
一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護保険審査委員会による要介護度の判定が行われます。

市区町村は介護認定審査会の判定結果に基づき要介護認定を行い、申請書に結果を通知します。(申請から認定の通知までは原則30日以内に行います。)
認定は要支援1•2から要介護1〜5までの7段階および非該当に分けます。

介護保険利用の手続きがお済みでない方

【介護保険利用の手続きの流れ】

まずはライブリーケア中銀熱海のケアマネージャー(介護支援専門員)へお問合せください。

ケアマネージャー(介護支援専門員)がお客様へ訪問し、毎日の暮らしの中でお困りのことやご希望をお聞きします。ご自宅での介護についての相談を承ります。

当事業所の重要事項説明書、契約書、個人情報使用同意書の手続きをしていただきます。

お客様のご厚意を踏まえたケアプランを作成します。そして、介護サービスに必要な事業所への連絡なども行います。

お客様、ケアマネージャー(介護支援専門員)、サービス事業所の担当者との会議(サービス担当者会議)を開いてサービスを開始します。

ケアマネージャーとは?

正式には「介護支援専門員」と言います。ケアマネージャーは介護に関する専門職であり、福祉や保険医療の分野で実務経験がある人が取得できる公的資格です。ケアマネージャーの資格は5年ごとの更新制です。介護サービスの利用にあたって次のような役割を担っています。
●介護を必要とする人や家族の相談に応じたり、アドバイスします。
●要介護認定申請の手続き代行をします。
●利用者様の要望を踏まえたケアプランを作成します。
●サービス事業者への連絡や調整をします。
●施設入所を希望する人に適切な施設の情報をお届けします。

こんにちは。私たちの居宅介護支援事業所では6名のケアマネージャーと1名の事務員でやっております。ケアマネの質を高めるためにも市や県の研修会に参加したり、また、私達で月1回の勉強会も開いて日々、励んでおります。これからもお客様の良き相談者として頑張っていきたいと思っております。お気軽にご連絡ください。
居宅介護支援事業所 一同より